しろとフラッシュゲーム

(追加) 行き詰まったので、ゲームなども書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

脱出ゲーム(トレーニングルーム)

脱出ゲーム(トレーニングルーム)


本当は、夕方6時くらいに完成予定でしたが
重大なバグのため、完成せず、こんな時間に。

新作できました。

脱出ゲーム(トレーニングルーム)


内容は、先日の三浦さんのp-Macの救出に向かう前の
ブルーの設定にしています。

ドラッグ・ドロップ式と、アイテム拡大式をまぜているので
説明をよく読んだほうが、やりやすいかもです。

あと、ここで最初にでてきたベンチプレス。
お蔵入りになりました。

ちなみに、今回は暗号はでてきませんので
暗号嫌いな方も、一度、プレイしてみてくださいませ。

[ 2007/10/16 23:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(15)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/10/17 21:39 ] [ 編集 ]
管理人より
絵の描き方なんですが、
私は、絵心がないために、
写真をトレースしています。

使っているソフトは、Flash8です。
というよりこれしか使えないのです。

今回のゲームでしたら、ペンチや、ロデオボーイ
などです。

ペンチの写真を、そのままFlash8に
ドラッグ・ドロップして、その写真のある
レイヤーをロックして、その写真より
上にあるレイヤーで、写真をなぞって
いきます。

漫画などの上に薄い紙をひいて写すのと
同じ要領です。

これを、覚えたおかげで、だいぶ助かりました。
[ 2007/10/17 22:50 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/10/18 14:03 ] [ 編集 ]
管理人より
丁寧な返信コメント
ありがとうございます。

今後とも、よろしくお願いします。

あと、参考までに、「Flash職人になる本」と
いう本が、私にとって、とても参考になりました。

大きな本屋などで見かけたら、1度、
読んでみてください。

ありがとうございました。
[ 2007/10/18 16:28 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/10/19 19:53 ] [ 編集 ]
管理人より
こんにちは。

一応、答えられる範囲でお答えしますね。

鍵をitem1、コメントの変数をkomeとして
鍵を使った回数を、hensuu1にいれるとして、
例えば、ドアのムービークリップに、

on (release) {
if (_root.item1._currentframe == 2)
{
if (_root.hensuu1 == 3)
{
_root.kome="もう鍵は、使えない。";
}
else
{
_root.kome="鍵を使った。";
_root.hensuu1=_root.hensuu1+1;
}
}
else
{
_root.kome="鍵が、かかっている。";
}
}

とすれば、鍵を選択してドアをクリックすれば、
一回ごとにhensuu1に、1がたされていって、
hensuu1が3(3回使ったとき)に
使えない表示がでます。
[ 2007/10/19 20:29 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/10/20 20:14 ] [ 編集 ]
管理人より
良かったですね。

もし、よかったら、遊ばせてください。

楽しみにしています。
[ 2007/10/20 21:16 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/10/20 23:26 ] [ 編集 ]
管理人より
ありがとうございます。
楽しみにしています。

先ほどの件は、ちょっと説明がごちゃごちゃするかもしれませんが、

まず、考え方として、key1をとったら、hensuu1に1をたす。
key2をとったときも、hensuu1に1をたします。

すると、鍵を2つとったときには、hensuu1は、2になります。

key3は、はじめに、表示を非表示にしておいて、hensuu1が2のときに表示されるという形にすればいいです。

以上の考え方で、key1とkey2のムービークリップに、前回の説明のように、_root.hensuu1=_root.hensuu1+1;の文をいれておき、key3が表示されているフレームにフレームアクションとして、
key3._visible=false;
if(_root.hensuu1==2)
{
key3._visible=true;
}
と書けば、key3は、_root.hensuu1が2の時にしか表示されないはずです。
ですので、key3を取ったときには、_root.hensuu1に3でも4でも代入すれば、その後、でてこなくなります。

たぶん、これでいいと思います。

頑張ってください。
[ 2007/10/20 23:44 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/10/21 17:00 ] [ 編集 ]
管理人より
え~っと、それでしたら、

考え方は、前回と一緒で、
key1とkey2が、取った時ではなく、表示される時のスクリプトに
_root.hensuu1=_root.hensuu1+1を書いて、
key3が表示されているフレームにフレームアクションとして、
key3._visible=false;
if(_root.hensuu1==2)
{
key3._visible=true;
}
と書けばいいと、思います。

ほかには、

key3が表示されているフレームにフレームアクションとして、
key3._visible=false;
if(key1._visible==true)
{
if(key2._visible==true)
{
key3._visible=true;
}
}

ほかに、key3のムービークリップに、

onClipEvent (enterFrame) {

if(key1._visible==true)
{
if(key2._visible==true)
{
key3._visible=true;
}
}
}
と書く方法なども、できるかもしれません。

試してないのでなんとも言えませんが、これで
いけると思います。
[ 2007/10/21 20:16 ] [ 編集 ]
管理人より
訂正

onClipEvent (enterFrame) {

if(key1._visible==true)
{
if(key2._visible==true)
{
key3._visible=true;
}
}
}
は、

onClipEvent (enterFrame) {

if(_root.key1._visible==true)
{
if(_root.key2._visible==true)
{
this._visible=true;
}
}
}

です。
[ 2007/10/21 20:21 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/10/21 20:50 ] [ 編集 ]
管理人より
できたようで良かったです。

僕も、制作中です。
[ 2007/10/21 22:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人
おしろのしろ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

本ウェブサイトのプライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

<クッキー・Webビーコンについて>

本ウェブサイトにおいては、クッキー(Cookie)又はWebビーコンと呼ばれる技術を使用しているページがあります。
クッキーとは、Webサイトが皆様のコンピュータのハードディスク上に置かれたブラウザのクッキー・ファイルに転送する文字のみの情報の連なりであり、これによりWebサイトは利用者を識別できるようになります。
クッキーには通常、クッキーの送信元ドメインの名称、クッキーの「寿命」に加え、1つの値が格納されています。通常、この値はランダムに生成されたユニークな数です。
クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、カスタマーに有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されています。
クッキーにより、カスタマーの使用するコンピュータは特定されますが、カスタマー個人を特定できるわけではありません。
また、Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります。)は、特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。
当サイトにおいて、以下のような場合にクッキーを使用することがあります。
利用者ごとにカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、利用者の利便性を考慮しクッキーを使用することがあります。
このクッキーは、利用者がカスタマイズされたページへアクセスしたとき、またはログインするときに設定されます。
本サイトを利用する利用者数を計るために使用する場合があります。
掲載された広告についてもクッキーを使用する場合があります。

<クッキーの無効化と有効化>

ブラウザの設定を変更すると、クッキーの受け入れ可否を選択できます。
また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されているクッキーを削除することもできます。
ただし、クッキーを無効化したり削除すると、当社サイトで一部の機能が使用できなくなることがあります。
ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認してください。
アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。