しろとフラッシュゲーム

(追加) 行き詰まったので、ゲームなども書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

しろあり消毒の値段

しろあり消毒の値段・・・


しろあり消毒の値段について書きます。

業者や、間に工務店がはいるかなどでかわりますが、予防だと、坪5000~7000円位が、妥当なところかなと思います。(㎡1600~2000円位)

これに、1階の床面積をかければでます。20坪だとすると、10万~14万位です。

駆除だと、坪9000~10000円位です。(被害の状況によってもかわりますし、被害箇所の木材の取替えなどのリフォーム代は、また別です)

極端に高い、また安い場合には、注意して下さい。高いのは、いわずもがなですが、安い場合にも、問題があることがあります。

・高いとき
 業者の方は、薬の質がいいからとか言うかもしれませんが、薬の違いで値段が極端にかわることは、ありません。
・安いとき
 これも、営業努力で安い分にはいいのですが、利益をださないといけないので、そこまで値段は落とせません。

工務店が、間にはいってマージンをとることがあります。その分はやはり、高くなります。問題があったとき、工務店に直接言えるので、いい面もあります。(工務店に関係ないところでやると、問題が発生したときに、無視されることがあります)

あと、しろあり業者の商品の中に、床下換気扇や調湿剤・木炭、耐震補強などがあります。これは、TVなどでリフォーム詐欺など、よく問題になるときにでてくる商品なので聞いたことがあるかもしれませんが、この値段は、ぴんきりです。(商品の値段というよりも、業者の言い値になってしまう)

これらの妥当な値段というのは、難しいですが、もし、自分が個人でやると仮定すると

・床下換気扇
 1台3万円位でホームセンターなどで買って、2万円位で取り付ける。(1台5万円)(大体、1台で7坪位の換気能力)
・調湿剤・木炭など
 1坪2千円~3万円(これが、値段がいろいろある。違いがあるんだろうが、自分にはよく判らない)で買って、2千円位で敷きこむ。(1坪4千円~3万2千円)
・耐震補強
 これは、建築の知識がないので、何がいいのか・どこに取り付けるかなど判らないのでかけません。ただ、ホームセンターに行くと、売っていたと思います。

これくらいの値段で、やります。(仮定です。頼まれても出来ません)

スポンサーサイト
[ 2007/05/31 01:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

点検 1

点検中・・・


床下にはいる準備ができたら、実際にもぐっていきましょう。
繰り返しになりますが、絶対に無理してまで、はいらないで下さい。


まず、床下の中全体を、懐中電灯で、見渡しましょう。
本当に、ごく稀なんですが、蛇がいたり、蜂の巣(スズメバチ)があることが、あります。その時は、へたに刺激しないようにしましょう。


床下の地面は、どんな感じでしょう。
・コンクリートが、うってある。(これは、肘・膝が痛い)
・土である。
・土で、ビニールシートがひいてある。
・木炭が、敷いてある。
・調湿剤が、敷いてある。(白っぽい軽石みたいなもの)
・水が、溜まっている。(水漏れです。)
こんな感じでしょうか。


横道にそれました。床の高さは、どれくらいでしょう。
ほとんどが、這いつくばっていかないといけないでしょう。


それでは、点検開始です。
点検口から、水廻りに向かって、ほふく前進。
多分、業者の方(私も含めて)も、ほとんどが、水廻りからチェックして、そこに異常があれば、他の場所も、念入りに点検するというスタンスだと思います。


水廻りでは、まず、水漏れがないかチェックです。
基礎や、土台などが濡れていないか、目視や触ってみて調べます。
結露で、濡れているだけのときもあります。
配管などから、直接漏れている場合は、すぐ判ると思います。
よくあるのは、浴室の周りを囲ってある土台の下から水が染み出ている場合です。(これが、やっかい)


あと、基礎の角を見て下さい。下の地面から土台まで、土の道がついていたら、蟻道の可能性大です。土を、少しほじると、中からしろありがでてくることもあります。


あとは、カビが生えていないかなどを見ます。


もし、上のような状況があれば、他の部屋もじっくりと点検しましょう。


もし、点検してみて異常がなければ一番ですが、もし、水漏れ・蟻道があったら、業者に連絡しましょう。
カビは、様子見といった感じでしょうか。


リンクに少し、図をいれておきます。
下のリンクは、フラッシュで見る事ができます。


点検中の図
[ 2007/05/30 22:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

点検口

床下点検を自分でする・・・


今までに、業者からいろいろ言われた方や、水漏れなどが心配な方は、床下点検を自分でしたいと思うかもしれません。そこで、点検のカテゴリでは、床下点検の仕方や、しろあり業者が床下で、どこを見ているのかを書いていきます。


最初に大事な事は、絶対に無理をしないということです。
無理して床下点検をすると、配管を破って、水漏れをおこしたり(経験あり)、感電したり(経験あり)することもあります。絶対に無理してまでは、点検しないで下さい。


まず、点検口をさがしましょう。(下のリンクに図解入りで書いておきます。)

オーソドックスなのが、床下収納庫タイプです。これは、取り外しも簡単に出来、水廻りにあることが多く、覗くだけで、水漏れを発見することができたりもします。

次に、たたみの下にあるタイプ。配管などあまりなく入りやすいが、準備や、後片付けがちょっと面倒。

他には、外の基礎についている換気口が取り外せて中に入れるタイプです。これは、一番点検しやすいですが、あまりありません。ミ○ワホームは、このタイプが多かった気がします。

この3つでほぼ9割は、カバーできると思いますが、もし当てはまらない場合は、家を建てた工務店か大工さんに聞いてみて下さい。

下のリンクは、フラッシュで見る事ができます。

点検口の図
[ 2007/05/29 01:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

いえしろあり

いえしろあり・・・


私が、働いていた当時(1997~2002)では、関東より西(関東はグレーゾーン)に生息するといわれていたしろあり。

九州で働いていた頃、被害にあっていた現場を、何回も見てきたんですが、被害の状況は、「酷い」の一言につきます。

その頃は、まだペーペーの作業員でしたので、ベテランの人にくっついて、駆除作業をしてました。この「いえしろあり」は、きちんと巣を駆除しないと再発するので、私のいた会社でも、駆除をする人は、きまった人しかしていませんでした。

この「いえしろあり」の羽蟻は、茶色です。

また、追記する予定です。
[ 2007/05/28 22:46 ] 脱出ゲーム | TB(0) | CM(0)

やまとしろあり

やまとしろあり・・・


ほぼ、日本全国にいるしろあり。このしろありが食べるのは、水にぬれて腐った木材です。

お客さんから電話があって見に行くと、大体は、浴室の廻りの土台や、壁などのひびから雨水がはいって腐ってしまった土台が、被害にあっていることが多かったです。

このしろありの羽蟻は、黒色です。

これは、あくまでも個人的な意見ですが、やまとしろありで家が傾く程の被害というのは、私自身は、直接見たことがありません。

やまとしろありについては、また追記していきます。(うろ覚えが多いので・・・)
[ 2007/05/28 22:25 ] 脱出ゲーム | TB(0) | CM(0)

しろありについて

しろありについて・・・


「しろありがでた。」と言うと、家の木材(土台、柱など)を食べる白色の蟻を発見したことを想像します。

これは、正しいんですが、実際にしろあり(白色の蟻)が発生しているのを、普通に暮らしている人が発見するのは稀です。

大体は、羽蟻という黒色や茶色で羽のついた蟻が、大量(何十匹)に発生した時に、しろありがでたと気づく場合が多いです。

でる場所については、浴室などの水廻りが圧倒的に多かったです。浴室のタイルの目地の隙間や、その周辺の窓枠の隙間などからです。もし、家の中で発生した時に、留守にしていた場合は、羽蟻の死がいが床やタイルの上に、落ちています(やはり大量に)。

でる時期は、4月下旬(GW前)位から6月中旬位だったと思います。
(この辺はうろ覚えです。)「やまとしろあり」と「いえしろあり」でも、少し時期がずれます。


この時期は、しろあり業者には、朝からバンバン電話が掛かってきます。いわゆるシーズンというやつです。

私のいた会社では、どこかの支店や営業所に、電話が掛かってくると、羽蟻一報と言って、各支店にリレー電話をしていました。



[ 2007/05/27 22:05 ] 脱出ゲーム | TB(-) | CM(-)

はじめまして

はじめまして


管理人のシロです。


このブログは、管理人が過去に、しろあり業者で働いていた事(九州と関東)をもとに書いています。


基本的に、自分の家は、自分で確認するのが一番だと思います。


その観点で、書けたらいいなと思っています。


九州と関東と書いたのは、「やまとしろあり」と「いえしろあり」の2種類のしろありを見てきたと言う事を、書きたかっただけです。


あと、あくまでも、経験をもとに書いていきますので、参考程度に見てください。





[ 2007/05/27 21:18 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
管理人
おしろのしろ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

本ウェブサイトのプライバシーポリシー
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

<クッキー・Webビーコンについて>

本ウェブサイトにおいては、クッキー(Cookie)又はWebビーコンと呼ばれる技術を使用しているページがあります。
クッキーとは、Webサイトが皆様のコンピュータのハードディスク上に置かれたブラウザのクッキー・ファイルに転送する文字のみの情報の連なりであり、これによりWebサイトは利用者を識別できるようになります。
クッキーには通常、クッキーの送信元ドメインの名称、クッキーの「寿命」に加え、1つの値が格納されています。通常、この値はランダムに生成されたユニークな数です。
クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、カスタマーに有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されています。
クッキーにより、カスタマーの使用するコンピュータは特定されますが、カスタマー個人を特定できるわけではありません。
また、Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります。)は、特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。
当サイトにおいて、以下のような場合にクッキーを使用することがあります。
利用者ごとにカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、利用者の利便性を考慮しクッキーを使用することがあります。
このクッキーは、利用者がカスタマイズされたページへアクセスしたとき、またはログインするときに設定されます。
本サイトを利用する利用者数を計るために使用する場合があります。
掲載された広告についてもクッキーを使用する場合があります。

<クッキーの無効化と有効化>

ブラウザの設定を変更すると、クッキーの受け入れ可否を選択できます。
また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されているクッキーを削除することもできます。
ただし、クッキーを無効化したり削除すると、当社サイトで一部の機能が使用できなくなることがあります。
ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認してください。
アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。